本文へスキップ

Gifu Phoenix BaseBall Club

  

中学軟式野球クラブチーム「岐阜フェニックス」は、   
本気とは?をモットーに、本気で技術を習得し、どこまで本気で野球に取り組むのかを求めているチームです。 友人(人間関係)や勉学に対しても同様で、本気になれば、学ぶことはたくさんあり、学んだことに対して真剣に取り組んだ分上達し、次のステージ(高校)でも自分の力を発揮することができることと思います。

 当クラブは「軟式」のクラブチームであります。
中学硬式クラブチームにも魅力はありますが、軟式にも多くの魅力が隠れています。

・まずはボールが弾む分、前後の動きが良くなります。
・しっかり芯に捉えないとヒットが出ません。
・ボールの投げ方については、軟式も硬式も同じで、しっかりと体の道理に合わないと故障します。
 
軟式ボールは柔らかい分変形もしやすく、むしろ軟式ボールの方が、扱いが難しいといえるのではないでしょうか。

よくある質問の1つに
・軟式と硬式は打ち方が違うとか、
・ボールが違うから投げると肩が抜けるのでは・・・
 という認識があると思いますが、しっかりボールの重みを理解し、スナップスローができれば 軟式であろうと硬式であろうとなんら変わりはないのです。

野球という競技の特性、使う道具の特性、自分自身の体の特性をしっかり理解することが上達への近道ではないでしょうか。

野球において、何が基本、基礎となるのでしょう。 昔はその基本、基礎となる「体の動かし方」というものは、遊びの中で自然と身に付けていたものばかりです。しかし現在は遊ぶ環境の変化によって、幼少期の遊びの中で身に付ける事が少なくなってきています。
 例えば、川に石を投げる「水切り」という遊びでは、スナップ(手首)の訓練になりますし、強く遠くにたくさん切っていくには、足腰(股関節や膝)を踏ん張る事も覚えます。 他に駒回しなども似ていますね。
 遊びの中で自然と習得していた体の動かし方というものを、野球の中で教えていかなければならないと思います。 正面で捕ることや相手の胸に正確に投げることが基本として教えられてきました。しかし実際の試合においては、基本から外れた動きをすることも多いですよね。とっさの動きに順応できるかどうかは、いかに体の動かし方を知っているか。ではないでしょうか。

 そのような技術を習得できなければ、体が大きくて筋力がある子でも怪我はするでしょうし、力任せではこの先壁にぶつかることでしょう。

また私どもの知る多くの高校野球関係者、監督さんなどは、軟式特有の柔軟性を求められているため、いかに中学のこの時期に体の使い方を習得するかどうかに懸かっています。

この大事な時期にフェニックスに懸けてみませんか。



岐阜フェニックス

 〒500-8237
   岐阜市切通4-20-12

   TEL 058-240-7623